新宿 池袋 美容室|ホワイトニング・カラーが人気 ドゥセリエ・クールドセリエ

ロゴ



2018/02/23
まずは、のヘアケア

7D7B382B-1946-48FC-A420-746367A73B1D

 

『シャンプー前のブラッシングを習慣に!』
「ブラッシングは、髪のもつれを取るためにいつもやってるわ♪」というあなた、それだけではもったいない! ブラッシングは丁寧に正しく行えば頭皮の汚れを落としやすくし、血流を促し、毎日続けることで確実に頭皮の環境を良くしてくれるはず。毎日の習慣にするために、シャンプーの前に必ずブラッシングすると決めるのも賢い方法です。特に最近はブラッシングの効果が見直され、頭皮に負担をかけずにブラッシングできるタイプが多く出ているのでぜひ注目を。

頭皮のケアも凄く大切なんですよね。

 

 

2018/02/22
グレイカラー情報

F1770937-6743-408A-9C02-817CA6DC0EBD

白髪をできるだけ目立たなくするためには、分け目や生え際が見えないよう、まず髪型で工夫するのがおすすめ。

1.厚めな前髪で分け目をつきにくくする
2.トップからレイヤーを入れてフワッとしたシルエットにする
3.髪を結んだとき、自然に顔周りに残るサイドバングをつくる

などなどこう言った対処方もオススメしております。

ファーストグレイにお悩みの方はぜひご相談ください。

2018/02/21
これまたお客様からの、

75A9BDE4-469A-4394-976A-CC5F80D7F62A

楽しんで美容院に来て頂く為には、知っておいて損のない事項だと思います。
お問い合わせお待ち申し上げております。

 

 

2018/02/21
常にあるお客様からの質問。

80813CB3-832E-4402-BC74-276F7FFD8B47

 

どんな質問もお受け致しております。

疑問の解決にご協力致しますので。

2018/02/21
今年のオススメ

3FF4B7F5-A9E9-4775-B6B1-C87436567FF8

ただ今商品入荷検討中。

今年は.特にオススメです。

花粉、PM2.5などをカットしてくれるこちらの商品。

ツライ花粉症や、PM2.5などの影響を、髪、身体にスプレーするだけで

防いでくれる。

是非とも入荷する際にはお買い求めご検討ください。

 

2018/02/18
悩みどころ

C35EB76C-0835-47F4-A667-8F2FF019E31A

 

髪の毛を黒くするのは毛根部分でメラニン色素を作る細胞が働いているから。この細胞がストレスや老化などで働かなくなると白髪の原因に。この色素細胞は、それぞれの毛根ごとに存在しています。一つの毛根にあるメラノサイトが機能しなくなっても、別の毛根にあるメラノサイトに影響を及ぼす可能性はありません。

しかし、1本の白髪を抜くことで毛根がダメージを受け、同じ毛根から生えている他の2本の健康な髪にも、悪影響を与える可能性が大。さらに何度も抜き続けると、最終的にはその毛穴から髪の毛が生えてこなくなってしまうなんていうことにも。ですから、白髪は絶対に抜いてはダメ! どうしても気になる場合は、根元からカットすることをおすすめします。
2018/02/08
えっ、

50A5920C-1A74-4B11-9F09-E64040327AFE

 

こちら、お馴染みのワセリン。

枝毛のケアや、手荒れ、リップ、かかとのひび割れ、

さらには革靴の艶出しにも使える万能だって事、初めて知りました。

ただし、ヘアオイルなどは髪に特化してますので、効果は絶大。

ダメージヘアの方にはオススメの商材がございますので、

お気軽にご相談ください。

2018/01/25
米で爆流行らしい。

A4D5F22A-B775-4E4A-A986-252737AE9BBB

 

なんと熱を与えると、色が変わるヘアカラー☆☆☆!

まあヘアチョークってやつの、進化版って感じですねー!

どんどん新しいものが出てくるので、チェックは怠らないように

して、お客様に提供出来るものは、ご紹介させていただきます。

2018/01/12
今年こそ気をつけて

ダメージヘアについてA6D171F5-D4AB-408E-AE5A-C19D98AC809D

UVの事もっと考えていただきたい。

■枝毛、切れ毛など
毛髪は主にタンパク質でできています。タンパク質というのは、アミノ酸のシスティン結合により構成されていますが、紫外線を受けることにより、この結合が分解してしまうのです。その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアの原因となります。

■退色
紫外線は毛髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これが毛髪の退色で、赤茶っぽく、まさに“焼けたような色”になってしまうのです。

これらは「光老化」という老化現象です。光老化は、紫外線を浴びた時間や強さに比例して、顕著に現れると言われています。UV対策を怠ると、髪はパサパサになり、老けて見られてしまうことも!!

なのです。

今年もおススメケア商品用意してお待ちしてますので、

スタッフに是非聞いていただきたい!

2017/11/02
コンテストには…、

A50203E8-8B28-4608-AFA0-BCAB2DCBB31F

 

どの飾りか、どのドレスにしようか、未だに迷い中!

頑張っていい成績残せるようにしたいです。